カテゴリー : HDR Light Studio

bublcam来た。

もうかれこれ1年半くらい前にプレオーダーしていたbublcamが忘れた頃に届きました^^
これ↓↓
bublcamPhoto
bublcamは一発で360°パノラマ写真が撮れるカメラです。
目的としては撮影現場などでライティング用のHDR画像を手軽に撮影するためです。
(機会はそんなに多くな無いですが。。。)
RICOHのTHETAというカメラの方がコンパクトで購入もし易いですし
迷ったのですが、bublcamは一発でHDRが撮影できると聞いたからです。
いざ試してみると一発HDRは撮影出来ず、、、。英語読み間違えたかな?
ただ露出を変えた3枚jpgは簡単に撮影出来ました。
あとはPhotoshopで3枚jpgをHDRに統合して出来上がりです。
一眼+魚眼レンズ+雲台+ステッチ作業は少し敷居が高いと思っていましたので
画質は少しノイジーなのが気になりますが、時間と手間を極力かけずにHDR作れそうなので
今後活用してみようと思います!!

作業部屋を試しに撮影してみました。ところどころ自動ステッチがズレています。
↓↓
0817officeTestHDRpreview

簡単シーンをレンダリング。やはりノイジーです。
映り込みの方はノイズそんなに気にならないかと。
↓↓
bublcamrendertest

作成したHDR欲しい方はどうぞ~
↓↓
TestHDRI_DL_link

Share on Facebook

HDR Light Studio 4

ライティング作業に便利なHDRI作成ソフトの最新版「HDR Light Studio 4」がリリースされました^^
HLS4

今回の目玉は・・・

~WindowsのみならずMac Linux版をリリース!
これでユーザー数が増えそうです!Macユーザーの方も待っている方々が結構いらっしゃいましたので。

~LightPaint
3Dモデルの照らしたい所をクリックすることでライトの位置を決められる機能。
これだけでもカナリ作業効率上げられそうで期待してます^^

~HDR direct export
作成したHDRIを、使用する3Dソフト側に合わせて出力する機能。
私の場合はCINEMA4Dを使用してますが、C4DのプラグインからHDR Light Studioを起動し
出力する際に仕様レンダラも選択でき
Vray・Maxwellも選択出来るようになっているようです。
どの位便利かは使ってみないと。。です。
できれば今後、C4DのLive Plugin対応に期待します。
http://www.hdrlightstudio.com/workflows/direct_export/cinema4d
↑このリンクにはザックリですがC4Dでのワークフローのスライドショーがありますので
大まかな流れはつかめると思います。
右のほうの作例に私の作品が出てきてビックリ!そういえばギャラリーに載せてもらってるんでした^^

~FilmBack
3Dビューの操作において、非常に小さなハイライトを追加したり
細かい微調整に役立ちそうです。

~LightCam
追加したライトからのビューを確認可能に。

~SunShade
HDRの白飛びしてしまう部分のコントロール

以上です。
各3Dソフトとの連携・LightPaintの解説ムービーもHP内にあります。
http://www.hdrlightstudio.com/learning.htm

ver.3proユーザーはアップグレード無償です。近々案内メールが来るとのことです。
私はLightmapStore直買いですので、国内代理店で購入の場合は詳細不明です。

Share on Facebook

HDR Light Studio 3.5 プレビュー

Ver3が出てから間もないので、少し先の話かもしれませんが
Ver3.5で「LightPaint」という機能が付くようです。
↓↓デモムービー

作業効率が格段に良くなりそうです^^

Share on Facebook

HDR Light Studio v3 Test

早速バージョン3を購入し、ダウンロード→インストールしてみました^^
HDRLSv3_baner

全ての機能を試したわけではありません。
率直な感想としましては・・・イイです!

以下簡単レビュ~

続きを読む

Share on Facebook

HDR Light Studio 3リリース!

明けましておめでとうございます!
本年もaspicworksを宜しくお願いいたします^^

仕事始めは4日を予定しておりまして
当ブログももう少ししてから新年をスタート予定でしたが
HDR Light Studioのバージョン3リリースのメールが元旦に届きまして
少し早くブログをスタートすることにしました。
HLSV3
未だにHPではMac版Linux版は「ComingSoon」となっています。。
新バージョンリリースに合わせて来るかと思っていましたがどうなんでしょう?

気になるバージョン3の新機能ですが主なところでは
・New Blending Mode

今までも既存のHDRIにライトオブジェクトを追加することは出来ましたが
今回数種類の方法で「合成」出来るようになりました。使えそうです。

・Custom Fall Off

今まで3パターンあったFallOff設定(私は今までデフォルト設定をいじったことはなかったです・・。)
に「Custom」が追加され自由自在にFallOffがいじれるようになっているようです。

・Color Gradients

今までは1つのライトに対して単色のカラー設定は出来ました。これで十分だと思っていました^^;
が今回1つのライト内でグラデーションカラーを設定できるようになりました。

・New Color Picker

ケルビンで指定できたり、バックグラウンドHDRIから拾ってきたりなどなど多機能になってます。

・COLLADA Support

個人的にはこれがうれしいです^^。
今まではC4D→.objですとカメラ情報が持っていけず、3dsMax経由で.mi書き出していたので。
ただ、まだ試したわけではないので上手く行けば最高!なのですが現時点ではまだなんとも・・です。
↑のムービーでもう一つ気に入ったのが、背景設定のカスタマイズです。
バックライトを設定する時に、ライトオブジェクトを非表示に出来るのは何気に便利だと思いました。

新機能を幾つかピックアップして見ましたが
全体的な印象としましては、かなり高機能になり
正直全機能を使いこなすのは、今の私には無理かなぁ・・という印象です。
将来的には、これらの機能を駆使してライト1つ1つによりこだわりを持てる
ようになれればと思います。
また、高機能&多機能になったとはいえ、HDR作成に特化したソフトですので
操作自体は今まで通り簡単で、マニュアルいらずと言ってもいいくらいです。

Share on Facebook

HDR Light Studio—Lighting Contest 2011

先日、ライティングによく使っている「HDR Light Studio」のコンテストに作品を出してみました^^
HDRLS_Lighting_Content_2011

3位入選しました!
時間があまり取れず、新規に何か作ることが出来なかったので
今進行中のマイチャリ「Bianci ROMA2」を出品しました。
まだモデリング途中なのでできていない部分を見せないカットで。。。。
急遽マテリアル設定して、HDR Light StudioにてVRAY for C4Dレンダリングです^^。
↓↓
10_20_contest
よく見ると変速のワイヤが無いです。。。。ゴメンナサイ。
コンテストの結果を見てみますと
私のより出来が良いと思う作品もありました。

まだまだ精進の日々は続きます・・・。
賞品のipodの到着が楽しみです^^
私は既にiphone&ipad使っているので
いつも迷惑かけてる妻に使ってもらおうと思います。

Share on Facebook

HDR Light Studio V2.0.20110612 アップデート

HDR Light Studioがほんの少しだけバージョンアップです^^
私は海外から直接買いました。国内代理店で購入した方はまだなのかどうなのかわかりませんが
アップデート成功しました。
注意事項としては、既存バージョンをアンインストールしてからNEWインストーラーでインストールです。

今回は非常に地味なアップデートでして
RhinoとCINEMA4Dからの.objインポート機能の改善と
Autodesk関連からのインポートも2012に対応したとのことです。

地味なんですが私にとっては非常にありがたいアップデート。
今まではC4D標準のobjエクスポートではまず正常には読み込めず
有料プラグインRiptide Proからエクスポートするのですが設定をイロイロと試行錯誤しながら。。。。
これに結構時間さいてしまうんです。なかなかライティング作業に集中できずに困っておりました。

もっとテストしてみないとなんとも言えませんが
C4D標準のobjエクスポートですんなり読み込めました^^
↓↓
HDRLS_20110612

Share on Facebook

TOP