カテゴリー : pentax K100D

pentax K100D作成 12

形状は完成しました^^
ここで、勉強がてらXpressoでフラッシュ・ズームリング・フォーカスリング・絞り羽の動きを制御してみました。
↓↓

cinema4D Xpresso Study (pentax k100D) from aspic-works on Vimeo.

Xpressoに関しては、もっと勉強して
様々なシーンで使えるようになりたいです!
今回のは特に凝ったことはしておらず(できないし・・)
ユーザーデータのスライダの値を
「マップ変換」ノードを介して
オブジェクトの角度に渡してるだけです・・ほぼ・・。

フラッシュ部分のみのデータをアップしますので、興味のある方はどうぞ~^^
Download

pentax K100D作成 11

再びボディに戻ります。。
今まで、わかっていながら見送っていましたが、
ボディは3つのパーツから出来ています。
やっぱりこういう所を作っていかないと、リアルにならないんだろうなぁ~
と思いまして、この時点でパーツ分割。。見やすく色分け~
↓↓
k100d_050
k100d_051

パーツの継ぎ目は細いラインに見える程度なので
HyperNurbsでの継続はやめて、ここでポリゴン化してしまいました・・・
そこから「ナイフ(平面)」で切断→ポイントを整理→エッジ押出で厚み付。
もうここからボリュームの変更はききません。。。

pentax K100D作成 10

ボディがほぼ出来たので、レンズのモデリングです^^
購入時についてきた「DA18-55mmF3.5-5.6AL」というズームレンズです。
最近は「FA35mmF2AL」という単焦点レンズをつけっぱなしなんですが
見た目ズームレンズのほうがカッコイイかなぁと思い、こっちをモデリング~です。
完成形
↓↓
k100d_045

「チューブ」プリミティブを編集可能にしてベベルかけたものの組み合わせ+αです。
HyperNurbsは使っていません。
レンズや内部(適当ですが・・)は回転Nurbsで作成~
いくつかのパーツは「ラップデフォーマ」を使ってます。
そのうちの一つズームリングについて・・・

まずリング完成時の円周を調べます。
(円形スプライン作成→サイズ調整→編集可能→選択/構造情報(ウィンドウメニューから))
ズームリングは同じパーツの集合体なので(60個)円周÷60で1個あたりの寸法を割り出し
パーツ作成~
↓↓
k100d_046

これをMographにいれ、ひとまず線形モードで直線的に作成~
↓↓
k100d_047

これに「ラップデフォーマ」を組み合わせ、数値をあわせ変形!完成~^^
↓↓
k100d_048

今回、ズームリングを作るにあたり、当初パーツをMographの「放射モード」で一発で円形にしようと思ったのですが
やってみたところメッシュが粗くなってしまったので、少し手間でしたが「ラップデフォーマ」を使いました。
比較画像↓↓
k100d_049

考えてみると、パーツは平面的に作っているので、カクカクになるのは当たり前ですね^^;

pentax K100D作成 9

ここも最終レンダリングではあまり見えないんだろうな~と思いつつ
底面を作りこんでいきます~^^

「電池ぶた」部分のポリゴンを「別オブジェクトに分離」し、
ピン角付近にエッジを「ナイフ」で追加です。
↓↓
k100d_037
底面では他にネジやプレート・突起物なども配置
(HyperNurbs OFF)・・キタナイ・・
↓↓
k100d_038

センターの三脚ネジ穴ですが、
↓↓
k100d_039

フリーpluginの「Gewindefix」を使ってます。
(ログインしないと見れないと思います。)
インターフェイスはドイツ語?でワカラナイのでデフォルトでOK
したものを加工してます。
↓↓
k100d_040

底面完成~^^
↓↓
k100d_044

他にストラップ取り付き金具・リモコン受光部を追加~
↓↓
k100d_041

これでボディのモデリングは大体終了~です^^長かった・・
(ネジ追加とかは後ほど・・)
ボディ内部は実物観察してるうちにホコリまみれになると思いましたので
今回は見送り~。
レンズついてる状態にして見せないことにしました。
現況~
↓↓
k100d_042

↓↓
k100d_043

pentax K100D作成 8

引き続き作りこんでいきます^^
左サイドの各種ケーブル類を繋ぐコネクタの扉です。
メッシュ構成
↓↓
k100d_033
HyperNurbs時
↓↓
k100d_034

右サイドのSDカード挿入部分の扉です。
メッシュ構成
↓↓
k100d_035

HyperNurbs時
↓↓
k100d_036

両サイド共に、ボディオブジェクトからポリゴンを分離させ
編集です。なんてことはありません・・
ただ、初期モデリング段階からパーツ分けを意識して進めないと
厳しくなることもありそうです。

赤ライン部分は角のエッジ処理をまだやってないので
隙間があきまくりですorz
後でエッジ追加するなりして修正予定~

pentax K100D作成 8

今回はフラッシュのモデリングです^^
ボディからフラッシュ部分のポリゴンを分離し、実物を観察しながら
パーツ分け&詳細をつめていきます。
↓↓
k100d_023
↓↓
k100d_024

↓↓
k100d_025
このままですとペラペラなので「押出」で厚みをつけ
エッジを「ベベル」で立たせ、整えます。
↓↓
k100d_026
パーツの名前がよくわかりませんが・・
クリップオンストロボなんかを取り付ける金具を追加~
↓↓
k100d_027
さらに内部のオブジェクトを追加し
↓↓
k100d_028
フラッシュの発光部分なども追加し完成~^^です
↓↓
k100d_029
閉じるとこう(閉じてレンダリングするなら内部つくったのは
ほぼ意味なし・・・orz)
↓↓
k100d_030
全体の進行状況はこんな感じです~
↓↓
k100d_031
↓↓
k100d_032

pentax K100D作成 7

背面の液晶画面・操作ボタン類のモデリングです。
なるべく四角ポリゴンで・・と思いつつも
ナカナカ厳しく、三角ポリゴンやNgonが発生してしまいました。。
難しい・・・。↓↓
k100d_019

k100d_020

続きまして、ファインダーです。
ボディに別オブジェクトをめり込ませています。。
↓↓
k100d_021

パーツも増えてきまして、カメラっぽくなってきました^^
現況↓↓
k100d_022

TOP