カテゴリー : vegetal chair

vegetal chair…..no.4完成・・

完成しました!
Mographで適当にばら撒いてvray for C4Dでレンダリング~^^
↓↓
vegetal_026

前回以降~完成までの工程へ続く・・・

続きを読む

Share on Facebook

vegetal chair…..no.3

座面を作りこんでいきます^^
実物を見てみますと
↓↓
vegetal_012
のように、枝が同面で繋がっているのではなく
複雑に重なり合っています。
し出し」「縫い合わせ」などのツールで
重なりを表現してみます。
↓↓
vegetal_013
HyperNurbsを有効にし、上から見るとこうなります・・
↓↓
vegetal_014
まだエッジを立たせる為のベベル作業はしていないです。
黄色のポリゴンは緩やかにカーブする枝の部分です。
この後赤丸部分にベベル作業をしていくと
↓↓
vegetal_019
黄色の枝部分の各コーナーが立ってしまって
緩やかなカーブにならないです orz
かなり細かい作業をしていけばなんとかなりそうですが、
全ての枝にやるとなると非効率的なので・・・・・

以前のバックアップファイルまでさかのぼり
各枝をひとまず別オブジェクトにして再出発です^^
↓↓
vegetal_015
↓↓
vegetal_016
HyperNurbs ON!
↓↓
vegetal_017
これなら枝同士の交わる部分が角ばったりしないです^^
あとで枝達を1オブジェクトにしてもポイントを共有させないように
めりこませたりすれば滑らかさは保てそうです~

ここまでの全体像はこんな感じです^^
↓↓
vegetal_020

Share on Facebook

vegetal chair…..no.2

続けます^^
前回一体化」した座面オブジェクトを
厚みをつけるために押し出し」ます。(HyperNurbs ON)
↓↓
vegetal_007

まだヌメヌメです・・

次に背面をいじります。
写真を見てみますとこんな形状です。
↓↓
vegetal_008

なので、背面のポリゴンにエッジを追加します。
ナイフ(ループ)」「エッジカット」、手作業で「ナイフ(線)」
を使用です。
↓↓
vegetal_009

↑で選択中のエッジに「ベベル」をかけて幅を持たせ、
できたポリゴンを「押し出し」ます。
↓↓
vegetal_010

別オブジェクトで作成した脚を
慎重に形状を合わせ一体化」します
↓↓
vegetal_011
今日はここまで~^^

Share on Facebook

vegetal chair…..no.1

カメラはひとまず置いといて・・・・・
vitra社のvegetal(ベジタル)チェアを作ります!
これは写真です。
↓↓
vegetal_001

樹木が枝葉を広げたような重なり合う構造のデザインで
左右非対称・・何気に難易度高いです^^
まずは、枝葉は無視して座面を滑らかになるように作っていきます。
↓↓
vegetal_002

HyperNurbs ON!
↓↓
vegetal_003

今のところ枠と座面のポリゴンは別オブジェクトになってます。

次に、座面のポリゴンを「ナイフ(線)」ツールで枝葉のラインに沿って
ひたすら切り刻み、いらないポリゴンを消去します。
↓↓
vegetal_004

余計なエッジが多々ありますので、「縫い合わせ」「メルト」で整理します。
↓↓
vegetal_005

枠のオブジェクトの分割数を「細分化」で増やし、座面オブジェクトと「一体化」します。
↓↓
vegetal_006

今日はここまで~^^

Share on Facebook

TOP