CINEMA4D☆Beginnersお買い上げ頂いた方、ありがとうございます!!
最近よく頂く質問がありますので、内容をまとめこちらに投稿することにしました。

内容は、サイコロモデリングチュートリアルのベベルについて(P99)
ベベルを実行すると図解のようにならない件。
コレは本がR14で作成しているのが主な原因です。
以下に詳細まとめましたので参考にしてみてください。
宜しくお願いします!^^

今現在の最新バージョンR15では、ベベルツールが改善されています。

R15で作業すると図解とは異なり、ベベルをかけるとデフォルトで星形のようになります。
p99bevel_001

ベベルツールの属性のところに「デプス」というオプションがありますので
この値を「-100」にします。すると丸くなります。

p99bevel_002
R15では標準でポイントにベベルをかけることで一発で円形を作成できるようになりました。
しかし・・・・、上のキャプチャをみるとわかる通り
四隅は円形がすごっく歪んでしまっています。
周囲が均等に分割されたポイントに対してベベルをかけるときれいな円形になるのですが
そうでない場合は歪んでしまうようです。

ここでやはりプラグインのちからを借りる事になるのですが
R15で「Poly Circle」を実行するときれいな円形になってくれません!
プラグイン作者様のHPを確認すると

「Equal interval」等間隔オプションは
元形状に歪みがある場合、等間隔にならない場合があります。
と記載されております。
p99bevel_003

R14の時はキレイにやってくれました。
p99bevel_004

そこで別の方法を。。。
http://www.c4dcafe.com/ipb/topic/75864-script-points-to-circle/
こちらにある「points to circle」というスクリプトを使用します。
ダウンロード→解凍したファイルを
CINEMA4D R15→library→scriptsフォルダにコピーし、CINEMA4Dを再起動します。

スクリプトを実行する前に↓キャプチャのようにナイフツールで全て四角ポリゴンになるよう刻みます。
(そうしないとスクリプトが動作しない場合があります。。)
p99bevel_005

スクリプトメニューから「points to circle」を実行します。
p99bevel_006
するとすごく大きな円形に変形しますのでスケールツールで縮小し大きさ&角度を調整して正しい位置に配置します。
p99bevel_007

p99bevel_008

四隅全ての歪んだ円形にこの作業をするのも手間なので、他の3つの歪んだ円のポリゴンを削除し
p99bevel_009

先程スクリプトで作成した円形ポリゴンをミラーツールでスナップを使用してコピーします。
p99bevel_010

最後にポイントモードにし、「縫い合わせ」ツールでポイントを結合し、完成です!!
p99bevel_011
長々と失礼しました。。
結論:
R15になりベベルツールが刷新されたのですが、今回は希望通りにはいきませんでした。
そこで「Poly Circle」プラグインの出番だったのですが、R15になってうまく機能せず。。。
代わりに別のスクリプトを使用しました。

こうなると結構手間がかかりますね。
いっその事円柱を配置してブーリアンで抜き、ポイントを整理する方法や
八角形の円形ポリゴンを先に配置して隙間をポリゴン貼って行く方法の方がシンプルでわかりやすいかもしれません。。。

モデリング工程には、コレが正解!というものが1つあるわけではなく、効率よく頭に描いた結果が求められれば良いのではないかと
個人的には思っています。
以上、参考にしていただければと思います^^