スニーカーモデリング第二回目です^^
今回の作業完了時はこんな感じに上部ボディの各パーツの
大まかな配置が終わった状態です。
↓↓
WS000017

以下、工程に続く~
前回、上部ボディのラフ形状ができました。
底のエッジを選択し、下方向に押し出し背景を参考にポイントを整えます。
↓↓
WS000007

ソールにもポリゴンを貼ります。
↓↓
WS000008

タンのラフ形状を新規に作成→配置し、ラフ形状完成です。
ここで写真・現物とよーく見比べて全体のボリュームやバランスをチェックしておきます。
この時点で大きく異なるところがあると、今後の作業が無駄になりかねません~。
↓↓
WS000009

スニーカーのボディは1枚生地でできていることは殆ど無く、たくさんのパーツを縫い合わせてあります。
この各パーツを作っていきます。
まず、タンとソールは現時点では必要ありません。タンは別オブジェクトなので非表示にし
ボディ部分はポリゴンを選択し、「別オブジェクトに分離」します。残ったソールオブジェクトは非表示に。
↓↓
WS000018

この粗いボディオブジェクトをHyperNURBSに入れます。
今回は細分化し過ぎたくなかったので分割を1に変更します。
↓↓
WS000011

HyperNURBSを「編集可能」にし、ポリゴン化します。
ここから各パーツに相当するポリゴンをおおまかに選択→「別オブジェクトに分離」します。
まずはつま先から、、
↓↓
WS000012

分離したつま先パーツを、 パーツの形状に合うよう「ナイフ」(線)でカットし→不要ポリゴンを削除→形状を背景を参考に整えます。
(下の図では、見やすいようにポリゴン化したボディのベースオブジェクトは線画表示にしてあります。)
↓↓
WS000013

この要領で各パーツ作成して行きました。
↓↓
WS000014
例外もありまして、「N」のロゴが乗るベースのサイドのパーツについては
ベースオブジェクトのエッジの流れがあまりにも違ったため
ここは新規にポリゴンを貼っていきました。
(スナップをONにし、ポリゴンにスナップのみをONにし「ポリゴンを作成」で作業しました。)
↓↓
WS000015

先の作業を見越して靴紐が通る穴の部分にポイントが来るように調整してあります。
↓↓
WS000016

で、後ろの方のパーツまですべて作成し終わるとこうなります。(最初の画像の状態)
↓↓
WS000017
まだ、ペラペラでありポリゴンが重なり合っていて非常に汚い状態ですね・・。
各パーツに厚みをつけていく時に調整していこうと思います。

今日はここまで~^^

Share on Facebook